TOP

作品紹介

コンセプト

Concept

開設40周年を迎えた片岡胃腸科内科医院が親子継承のタイミングで全面建替えを行った。
継承された院長と打合せを重ね、「カッコイイ診療所」をコンセプトにデザインを進めた。外観はシンプルな板状の屋根を組合せ落着いた色調で異なる質感をレイアウトした。内観は柔らかい表情のタイルを間接照明で演出した。

コンセプト

Concept

吉備高原ルミエール病院は、岡山県中部の山間に療養病院として昭和55年に開設され、平成22年に既存建物を一部残すかたちで大規模な増改築を行った。山合から見える外観は、低層部を落ち着いた色調とし、上層部は淡い色調の中にアクセントを配置する手法を用い、療養環境であると共に医療施設であることの調和を表現した。

コンセプト

Concept

本事業は昭和50年に開園された歴史ある保育園の待機児童対策及び老朽化に伴う園舎建替え計画である。園庭を囲うように園舎を配置し、保育室から園庭の賑わいが感じ取れる平面計画とした。内部には、廊下より調理場の様子が見学できる窓を設け、食育につなげる仕掛けを施すなど、園の保育方針に照らした計画とした。

コンセプト

Concept

石本・UDD設計共同企業体による医師会館の移転新築計画である。1階を駐車場、2、3階をホールがある公共性の高いエリア、4階以上を医師会が専有する執務エリアとした平面構成である。外部デザインは平面構成を素直に表現しており、1階の駐車場は景観に配慮し壁で覆い、2、3階は公共性の高いフロアとしてガラス張りとした。4階から上はシンプルなボックス形状でありながら、都市開発が進む南側に大きな開口を、住宅地の北側はプライバシーに配慮して絞った開口とし、それらをグラデーション状につなぐことで特徴的な外観をつくりだしている。

コンセプト

Concept

総社市出身の画聖「雪舟」の生誕600年を記念して計画された公園及び展示・交流施設である。瓦を用いた伝統的な入母屋造りの屋根から、水墨画の技法のひとつである「内脈」の毛筆の動きをイメージした横葺きの屋根へと切り替えることで建物の外観にアクセントを加えた。また、建物の中からは枯山水の庭の眺めを楽しむことができるなど、訪れる方の憩いの場となる計画とした。

お問い合わせ
Contact